エクササイズ辞典

カンカン

カンカンはどこに効果的?

腹斜筋をはじめとするインナーマッスル

足関節周囲筋(下腿三頭筋・腓骨筋など)

股関節周囲筋(腸腰筋・中殿筋・内転筋など)

改善できる可能性があるもの

・くびれのないウエスト

・便秘

・ねん挫しやすい足首

・腰痛

カンカンのトレーニングを控えたほうが良い方

・妊娠されている方

・足首や首、腰など関節を痛めている方

カンカンを実際にやってみましょう!

  1. マットの上に両膝を立てて座り、指をお尻に向けて体の後ろで手をつく
  2. 両膝を胸に近づけ、かかとだけ浮かせつま先はマットに残し動作スタート
  3. 息を吸いながら大きく胸を張り、膝をそろえたまま右→左→右の順で膝を横に倒す
  4. 息を吐き両足を斜め右に向かって伸ばして持ち上げる。
  5. ②の姿勢に戻り息を吸いながら左→右→左の順で膝を横に倒す
  6. 息を吐き両足を斜め左に向かって伸ばして持ち上げる
  7. ②から⑥までを1セットとする。

3~5セット繰り返したら膝を真ん中に戻しマットにかかとをつけ動作終了

カンカンのチェックポイント!

・動作の際に背中がまっすぐに保ち弓なりにならないようにする(腰痛防止)

・肘を曲げると上半身が不安定になるので肘を伸ばして動作する

・動作は反動をつけず体のコントロールに集中する

・呼吸と動作を連動させることを意識する

まとめ

カンカンの動作では呼吸に合わせて体をひねることで腹斜筋と同時に、下腹部にある内臓を刺激します。下腹部にある代表的な臓器といえば腸ですが便秘解消も腹斜筋の強化とともに引き締まったウエストつくりに効果を発揮するでしょう。またこのエクササイズで見逃せないのはつま先立ちをしたまま動作を行う点です。ふくらはぎの下腿三頭筋など足関節周囲筋を刺激し足首を支えます。ヒールのある靴を颯爽と履きこなしたい方も是非挑戦してみてください!

ABOUT ME
かぴ4
かぴ4
女の子一人を育てる専業主婦です。 休日は公園でレジャーシートと弁当広げています。日焼け予防として今年からマスク始めました。