ピラティス

【現役ピラティスインストラクターが教える】エクササイズを教える時に心掛けている事

まぽさんによる写真ACからの写真

  ピラティスインストラクターのMaiです。

今回はピラティスインストラクターの方やこれからインストラクターになりたい方に向けて、良質かつお客さんがまた来たいと思うレッスンをするにはどのようなことを心がけているかをお話ししていきたいと思います。

  • ピラティスインストラクターの方
  • ピラティスレッスンの進め方に悩んでいる方
  • これからピラティスインストクターになりたい方

 

ヒアリング

photoBさんによる写真ACからの写真  

個人の体質改善や目的に向けて行うピラティスはクライアント一人一人に合わせてレッスンお進めていくため、パーソナルや少人数のグループレッスンが推奨されています。

中には体調不良を改善するためや高齢者のクライアントさんもいるのでヒアリングをしっかりと行いましょう。

少人数のグループレッスンでも、レッスンの内容によって注意しなければいけない場合はクライアントの情報が必要なので動きの前やレッスン前に”腰痛もちの方?”などと質問を投げかけ、把握するようにします。

安全性

まぽさんによる写真ACからの写真  

レッスンは安全であることが第一条件です。どんなに良く考えられたレッスンでも安全でなければ意味がありません。

少人数のグループレッスンの際は一つの動きでもモディフィケーションと言ってクライアントの負担が少ない動きを一緒に紹介することによって個人のレベルが違っていても同じ内容でクラスを進めていくことができます。

また、クラスの前で動きを見せているだけではなく一人一人のそばへ行き、動作の確認をすることも安全にクラスをリードするには重要です。

言葉でリードする

acworksさんによる写真ACからの写真

ピラティスレッスンは前でひたすらに動きを見せるだけではなく、言葉のみでもリードしていかなくてはなりません。

また、複雑な動きはポイントが多くなり重要なことがクライアントに伝わりずらくなります。 どのように説明したらわかりやすく、より伝わるのかということをいろいろな言い回しを考えて言葉を選んでいきます。  

集中

acworksさんによる写真ACからの写真

  ダラダラレッスンを受けるより、集中してレッスンを受ける方が体への効果も期待でき、充実感も増します。

集中できるレッスンを作ることはインストラクターの力の見せ所です!

テンポよく、少しチャレンジする内容も加えながら筋肉を刺激し、全体を通してレッスンを流していくことを意識していきましょう。

とにかく楽しむ

FineGraphicsさんによる写真ACからの写真  

レッスンの質に加えてインストラクターの人柄の良さが出ていたり、雰囲気が良いクラスは良い空気が流れています。

そして、そういう場所には人が集まります。 私たちインストラクターは誰よりもピラティスを楽しみ、その楽しさや魅力をクライアントに伝えていくことが心地よく、良いレッスン作りに繋がっていくのではないかと思います。

 

まとめ

 

わたしがレッスンの際に気をつけていることは

・ヒアリング

・安全性

・言葉でリードすること

・集中できる環境づくり

・楽しむ ということです!

もちろん他にもたくさん大切なことはありますがもし、レッスンを作る際に困っている、これからレッスンを始めるという方の参考になればと思います!

ABOUT ME
Mai
マット、マシーンのピラティストレーナーのMaiです。ただいま家族3人でカナダのバンクーバー在住。産後の体をピラティスで締めつつ海外のフィットネスもいろいろ体験していきたいなと思っています!