ピラティス

【家で出来る】首こりを改善するピラティスエクササイズはコレ!

病院でストレートネックと言われた

頭が重い、首の付け根がきつい

10kgもの大切な頭を支えている首、調子が悪いと何をするにもきついですよね。

この記事はこんな人におすすめ

  • ストレートネックを直したい方
  • 慢性の頭痛に悩んでいる方
  • 肩こり、二の腕のたるみも気になっている方

いくら揉んでも回しても一向に良くならない首こりは、原因が別にあるからです。ピラティスで原因からなくして、首こりを解消しましょう。

首こりの原因

デスクワークやスマホによって、最近はストレートネックの方も多いです。

ストレートネックは本来首の骨にあるべき湾曲がなくなり、骨が真っ直ぐ斜め前に並んでしまう状態なのですが、その上にある頭を支えるための湾曲がないので、ダイレクトに頭の重みが首の付け根にかかります。

そうなると首の負担はかなりのもので、首こりの原因の一つです。

枕を首の湾曲に合わせたものにするのも一つの解消方ですよ!

首の土台は鎖骨です。鎖骨の歪みも大いに関わります。

肩こりからくる場合もありますし、その場合は背中の筋肉も、肋骨の歪みも関係してきたりします。

ピラティスで上半身を全体的にほぐし、流れを良くしてあげられると、相対的に首こりも肩こりも解消されると思います。

鎖骨が原因の首こりの場合

首、頭の土台は鎖骨、肩、背中です。

そのもっと大元の土台は肋骨になり、骨盤になり、と、どんどん下に下がっていって下の歪みから治していく方が効率はいいのですが、鎖骨の歪みをピラティスで戻してあげられると、首こりはずっと楽になると思います。

鎖骨は、巻き肩だったり撫で肩、怒り肩だったり、肩の歪みや変形により向きや動きが変わります。

特に、首こりの原因になる肩の歪みは首が埋もれている怒り肩、背中や首の背側が引っ張られる巻き肩でしょう。

まっすぐ真横の外向きに鎖骨を引っ張り合うのが正しい鎖骨の位置であり、その真上に頭を乗せておくと、首の負担は軽減されます。

肩から前に出して手を出すのではなく、肩は真横にあって、前腕から腕を前にだすのが本来の骨の動き、ということになります。

そうなると自然と背中の筋肉は縮まり、肩甲骨は真ん中に寄って下がり、首を長く使うことができます。

その動きを意識しながら、下記のピラティスの動画を見て毎日少しずつ動かしてみてください。

肩甲骨を動かす地味な動きのピラティスですが、体の動かし方を感じながら動くと、はじめは意味が分からなくても、だんだんに体の動きとイメージがリンクしてきます。

鎖骨は真横に引っ張りあって鎖骨の真上に頭を置いて、背中の筋肉は縮めて首を長く使う動きです。この基本的な首の骨の位置をピラティスでやっていくと首こりは知らないうちになくなっていると思います。

二の腕にも効く、首こり解消動画

そもそも筋肉は、長い時間縮み続けたり伸び続けたりの偏った動きが苦手で、そこから血やリンパの流れが滞り、凝ったり張ったり、首こりや肩こりを招きます。

首こりに直接的に関わる背中の筋肉が張り続ける、頭が前に出過ぎている時間が長くなると支えている筋肉達は本来の動きができなくなってしまって不調となって現れます。

下記の動画の動きは、デスクワークやスマホによって前に出た頭を支えるために引っ張られすぎて張ってしまった背中の筋肉を縮めて血流を良くしてくれるピラティスです。

地味な動きですが、目が前にあるのでなにかと前のめりになりがちな人間は背中側の筋肉は張ったり緩んだりしがちです。首こりもその弊害の一つです。

意図的に、普段伸ばされている筋肉は縮めてあげる、普段縮んで凝ってしまった筋肉は伸ばしてあげることが大切です。

全身に効く、リフレッシュピラティス動画

最後に、全身を使って行うピラティスの動画を紹介します。

重力がある地球で暮らしている私たちは、重力の発生する地面から遠ければ遠い体の部位ほど、衝撃が大きくなって歪みが大きくなりやすいです。

なので頭はいつも一番遠いところにありますから、首こりで悩んでいる状態の時はそれ以前にもっと地面に近い体の部位の歪みがある場合の方が多いです。

下記の動画のピラティスは、脚や腰、背中、腕の全身の動きになります。

大きな動きではないですが、これも、首を長く、肩甲骨を意識しながら動くと、首こりの解消にとてもよく効く動きになると思います。

挙げた腕は何かにつかまった方が腕の負担が減り、過度の背中と腕の緊張が無くなるので少し楽になり、肩甲骨と首に集中できるかもしれません。

少しの時間でも、呼吸と体のコントロールに集中してピラティスを行うと、固まった体はほぐれ、滞った血流は流れ、気持ちもリフレッシュされます。

どれも5分以下の短い動画なので生活の中でちょっとした時間に、サクッとやってみてください。

ABOUT ME
Pilates Live事務局
ピラティスライブの企画や運営をする事務局。 ピラティスに興味がある人や好きな人を応援するウエブマガジンを運営している。