エクササイズ辞典

セラタスプッシュアップ

セラタスプッシュアップはどこに効果的?

腹筋・背筋を始めとするインナーマッスル

肩甲骨周囲筋(前鋸筋など)

改善できる可能性があるもの

・猫背などの悪い姿勢

・腰痛

セラタスプッシュアップのトレーニングを控えたほうが良い方

・妊娠されている方

・肘や腰など関節などを痛めている方

セラタスプッシュアップを実際にやってみましょう!

  1. 四つ這いの姿勢になる
  2. 肩の下に肘が来るようにマットに前腕を置き片手でこぶしを作り反対の手で包む
  3. 右足、左足の順で足を伸ばし両足を閉じ腕とつま先でバランスをとり動作スタート
  4. 息を吐きながらゆっくり胸とおなかを床に近づける
  5. 息を吐きながらゆっくり③に戻る。これを3~5回繰り返す
  6. 終えたら片方ずつ膝をつき、両手を肩の下につき四つ這いの姿勢に戻る。

お尻をかかとに近づけ腰をストレッチして動作終了

セラタスプッシュアップのチェックポイント!

・腕立て伏せの姿勢のときは頭からつま先が一直線になっていることを確認する。

お尻だけ下げたり上げたりしない

・首はできるだけ長く伸ばすよう意識し、肩をすくめない

・呼吸と動作を連動させることを意識する

まとめ

セラタスプッシュアップの動作では腕立て伏せの姿勢で体を上下することで背骨を支える筋肉の全体的な強化が期待できます。また肩甲骨周囲筋の刺激により無駄な肉のついていないバックスタイルを手に入れることも出来るでしょう。フロントサポートでは同じ姿勢をキープしていましたが動きが加わることでより負荷が増しその分筋力強化の効果が得られます。負荷が強すぎると感じた場合は無理せずフロントサポートに戻ってみてもいいので無理なく挑戦してみてください!

ABOUT ME
かぴ4
女の子一人を育てる専業主婦です。 休日は公園でレジャーシートと弁当広げています。日焼け予防として今年からマスク始めました。