エクササイズ辞典

スイミング

ピラティスのエクササイズは1つ1つが難しく、コツが必要になります。
スクールや本などで学習してわからなかったエクササイズの復習などに、エクササイズ辞典を見てみましょう!

スイミングはどこに効果的?

スイミングはどこに効果的?

主に

  • 背筋
  • コアの安定
  • 股関節、肩関節の向上
  • 対角線上の筋肉の調整

スイミングは背中の筋肉に効果があるピラティスではよく使われる動きです。ストレッチしながら左右対称に動くので左右の筋肉のバランスを整えてコアの安定にも効いていきます。

改善できる可能性があるもの

・骨盤のゆがみ改善

・猫背などの姿勢改善

・肩こり

・背中の筋肉を鍛えてシェイプアップ効果

歩く走るなど、日常動作でよく使われる腕と対象の足が動く動きのエクササイズがスイミングです。この日常動作に少しでもズレがあると骨盤に歪身が出たり、左右差が出てきます。

スイミングのトレーニングを控えたほうが良い方

腰痛持ちの方はまず始めにコアを鍛えてから行うようにしましょう。

スイミングを実際にやってみましょう!

スイミングを実際にやってみましょう!

  1. うつぶせ寝で寝転がります。両手を万歳の状態で伸ばします。
  2. お腹をスクープし、恥骨をマットに押し付けるようにしながら上半身と足をマットから浮かします。
  3. 対角線上の腕と足を5cmほど持ち上げます。
  4. 反対にスイッチし、繰り返します。

はじめは吸う息で2回、吐く息で2回ゆっくり行います。

慣れてきたら吸う息4回、吐く息4回でテンポアップして行っていきましょう。

スイミングのチェックポイント!

スイミングのチェックポイント

・顔はマットに向けておきましょう。

・お腹の筋肉で上体と足を浮かせるように意識をします。腰の力で足を上げないようにしましょう。腰痛の原因となります。

・体が左右にぶれないようにはじめは小さい動きから行っていきます。

まとめ

普段の姿勢を美しく見せるためにも、姿勢を正すためにも欠かせないのが背筋です!

スイミングは日常ではなかなか鍛えにくい背筋にしっかりと効くエクササイズなのでとてもオススメです!

また、スワンスパインと合わせて行っても効果的です。

ぜひ試してみてください!

ABOUT ME
Mai
Mai
マット、マシーンのピラティストレーナーのMaiです。ただいま家族3人でカナダのバンクーバー在住。産後の体をピラティスで締めつつ海外のフィットネスもいろいろ体験していきたいなと思っています!