ピラティス

胸式呼吸を身につける

みなさんは、胸式呼吸と腹式呼吸って御存知ですか?

ヨガでは、主に腹式呼吸を用いて、おなかいっぱいに空気を吸っていきますが、ピラティスでは、真逆の胸式呼吸を用います。
胸式呼吸とは、おなかはなるべくへこませて、力を入れたまま、胸や肋骨に息を入れて呼吸をします。
この動作を身につけることがとても難しいと感じる方が多いのですが、難しいと思わずやっていきましょう!

息をするポイント

ピラティスを行う上でかなり大事なポイントとなってくるのが、呼吸です。この呼吸がマスターできると、身体の細胞が元気になってくれるような感覚になるので、是非習得してみてください。

息は、鼻から吸って、

口から吐きます。

思いっきり空気を吸い、肋骨の広がりを感じてください。
おなかはしっかりと力を入れて意識するのを忘れないよう、最大限まで息を吸ったら、ゆっくり口から吐きます。この時も、おなかと背中がくっつくようなイメージで限界まで空気を吐いてください。

ずっとお腹はへこませたままをキープするのが特徴です。

肋骨で感じる

最初は、肋骨に手を添えて、息を吸ったときに肋骨の広がりを感じてみてください。
同じく、息を吐いた時には、肋骨がしぼんでいきます。

まずは立ってやってみて、出来てきたなと感じたら次は胡坐(あぐら)をかいて実践してみましょう。その時に、猫背になったり、背が反り返らないよう、まっすぐの姿勢がキープできるようにやってみてください。

立つ→胡坐が出来るようになったら、次は仰向けと、四つん這いでもやってみましょう。
仰向けは比較的容易ですが、四つん這いは、ついついお腹がゆるみがちになってしまうので、しっかりとおなかに力を入れて、キープしたまま胸式呼吸をしていきましょう。

意識を途切れさせずに、呼吸を続ける

肋骨や姿勢を意識しすぎると、気づいたら呼吸が止っていた!何てこともあります。呼吸をしながら、肋骨や姿勢を意識し、身体をリラックスして取り組むようにしましょう。これができたら、次はポージングを勉強していきましょう。

ABOUT ME
Pilates Live事務局
Pilates Live事務局
ピラティスライブの企画や運営をする事務局。 ピラティスに興味がある人や好きな人を応援するウエブマガジンを運営している。