エクササイズ辞典

フロントサポート

ピラティスのエクササイズは1つ1つが難しく、コツが必要になります。
スクールや本などで学習してわからなかったエクササイズの復習などに、エクササイズ辞典を見てみましょう!

フロントサポートはどこに効果的?

腹筋・背筋を始めとするインナーマッスル

肩甲骨周囲筋

改善できる可能性があるもの

・猫背などの悪い姿勢

・腰痛

フロントサポートのトレーニングを控えたほうが良い方

・妊娠されている方

・腰や上肢の関節などを痛めている方は無理の無い範囲で行うこと

・体が硬い人は無理の無い範囲で行うこと

フロントサポートを実際にやってみましょう!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiroe Inoueさん(@hiroe_inoue)がシェアした投稿

①四つ這いで運動スタート

②右足・左足と順に足を後ろに伸ばしつま先を床に立て腕立て伏せの形になる

 このとき左右の膝は付けておく

③この姿勢を10秒キープした後、右膝・左膝の順にマットに戻す。

④①~④の動作を左足でも行う

⑤左右で1セットとして5~10セット行う

⑥四つ這いからお尻を高く上げ、かかとを床に付ける

⑦両手を足のほうに歩かせ、お腹に頭をつけるように前屈の姿勢になる

⑧腰から順に背骨をひとつずつ起こす

⑨直立の姿勢になり動作終了

フロントサポートのチェックポイント!

・腕立て伏せの姿勢のときは頭からつま先が一直線になるように意識しお尻を下げない

・体を伸ばすときはももや腰を伸ばすように意識する

・体が硬い場合は無理せず膝を曲げたり出来る範囲での前屈に留める

まとめ

フロントサポートの動作では腕立て伏せの姿勢で体を10秒キープすることで背骨を支える筋肉の全体的な強化が期待できます。

また肩甲骨周囲筋の刺激により無駄な肉のついていないバックスタイルを手に入れることも出来るでしょう。

「キープする」という動作は関節の動きに繋がらない等尺性収縮といい、もっとも怪我のリスクが少ない安全な筋力増強法といわれています。

正しい姿勢を意識することで目的とした筋肉に刺激はきちんと入るので怪我を心配している人も筋肉を強化したい人も安心して取り組んでください。

ABOUT ME
かぴ4
かぴ4
女の子一人を育てる専業主婦です。 休日は公園でレジャーシートと弁当広げています。日焼け予防として今年からマスク始めました。