ピラティス

ピラティストレーナーがマタニティピラティスを勧めるわけ

幸せいっぱいの妊婦生活。そんな心とは裏腹に大きくなっていくお腹とホルモンによってゆるまっていく関節。

こんなんで10ヶ月も私の体もつのかな!?

と心配になった人も少なくはないと思います。そんな妊婦さんにお勧めしたいのがピラティスです!

姿勢改善に特化しているピラティスは妊娠期間中の体の変化をしっかりと支える体づくりが行えます。

妊娠期間のカラダ

妊娠期間中は赤ちゃんが育つにつれてリラキシンという関節を緩めるホルモンが分泌され赤ちゃんのためのスペースを作っていき、体もお産に向けた準備を始めてきます。

関節が緩まると体が不安定になります。また、大きなお腹と胸を支えながら過ごす毎日によって胸が丸まり腰をそった状態に陥りがちなので、歪みが生じやすくなります。

歪みが生じると痛みやマイナートラブルにつながっていくので妊娠期間に正しい姿勢を保って生活することやインナーマッスルを使う事は、とても重要なのです。

マタニティピラティスのメリット

マイナートラブルの予防

マイナートラブルと呼ばれる尿漏れや腰痛、座骨神経痛などはインナーマッスルをしっかりと使うこと、正しい姿勢を保つ事で予防または、改善する事が期待できます。

疲れにくくなる

マタニティピラティスは出産直前まで行って良いとされています。筋肉量が減っていき疲れやすくなっていく妊娠後期でも運動することによって筋肉量を保ち出産に向けて体力をつけてくれます。

気持ちがリフレッシュする

体の変化によってストレスも多い妊娠期間。運動することで気持ちもリフレッシュすることができます。

出産がスムーズに行える

姿勢が正しく保たれているとお産中も余計な力で力まなくて済むので産後のカラダのダメージが少ないです。ピラティスの呼吸法も出産時にとても役立ちます。

産後のカラダの回復が良くなる

出産という大仕事の後に休みなしで待っているのは育児というこれまた大仕事。岡さんには休む暇がありません。産後は筋肉も疲れていて、体力も落ちやすいのですがピラティスによって回復が早まると言われています。

緩んだ関節が再び締まっていく際にも体の土台がしっかりしていることによって正しい位置に戻してくれます。

マタニティピラティスの種類

マットレッスンとマシーンレッスンの2種類があります。

マットレッスン

マットレッスンはグループで行われることが多くさまざまな週数の妊婦さんと一緒に行うため道具を使って週数やそれぞれの体にあったエクササイズを行います。

仲間と一緒に行えるのも楽しみながら出来て良いですよね!

値段はお手頃なものが多く産院で行っているところもあります。ぜひ自身の産院をチェックしてみてください!

マシーンレッスン

マシーンレッスンはプライベートもしくは2対1のセミプライベートで行うことがほとんどのため自分にあったレッスンプランを提供してもらうことができます。マシーンによって体をストレッチしながら鍛えることによって効果はとても高いです。

値段はマットレッスンよりも高いですがそれでも受けてみる価値はあると思います。

助産師さんも褒めるピラティス

実は私も10ヶ月前に出産した一人です。産前は週に1度は必ずマシーンのマタニティピラティスのレッスンを受けていたのですが出産の際に助産婦さんに

“やっぱり、ピラティスやってるのね、呼吸がとてもよいわ!”

と褒めていただきました!

助産師さんからも褒められるピラティス!ぜひ一度試してみてください!

ABOUT ME
Mai
Mai
マット、マシーンのピラティストレーナーのMaiです。ただいま家族3人でカナダのバンクーバー在住。産後の体をピラティスで締めつつ海外のフィットネスもいろいろ体験していきたいなと思っています!