ピラティス

ピラティスの基本

ピラティスのバックボーンはピラティスとはという記事でお伝えしましたが、元々がリハビリを考えて作られているため、身体を整える事を一番に考えられています。

その中でも、基本となる事が6つあり、その基本を念頭に置きながらエクササイズをする事がとても重要になってきます。

asim
asim
今日は6つのピラティスの基本をご紹介します。

1 呼吸

ピラティスを行っていく上で特に重要なのがこちらの呼吸です。呼吸をしっかりする事によって、心肺機能を向上させて、頑丈な身体を作り上げてくれます。
呼吸を深くする事により、毛細血管まで酸素が行き届いて、身体が活性化されます。

現代人は、緊張や、心肺機能、運動機能の低下によって呼吸が浅い人が多く見られます。
最初は難しいかもしれませんが、しっかりと身体全体で深く呼吸をするように心がけましょう。

2 集中すること

ヨガなどでは無心になると良いとよく言われますが、ピラティスはとにかく集中する事が大事です。

流れに身を任せるのではなく、

ここの筋肉を使いたい!

ここを伸ばしたい!

などをしっかり感じながらエクササイズしましょう。

慣れてきたら、精神で身体をコントロールできるようにしていきましょう。

3 コントロールすること

身体をコントロールすることは、ピラティスをする上でとても大事な事です。

まずは、教えてもらったとおりにエクササイズができるようになったら、それで動きをコントロールできるように自分で調節していきましょう。

惰性でエクササイズをしないよう、1つ1つをしっかりと目的をもってやっていきましょう。

4 センタリングをとること

身体の中心を意識する動きが多く、それをする事により、インナーマッスルが鍛えられます。

股関節の骨が左右出ているところと左右の肩を結んだ長方形の部分をパワーハウスと呼ばれています。

このパワーハウス内で身体を保てるように意識していきます。

動き出すときや、静止している時、必ずこのパワーハウスから動くことを意識しましょう。

5 流れで動くこと

惰性で動いてはいけませんが、とても流れが重要になります。

1つ1つが力強いエクササイズになるので、1つをやって休憩をして1つをやって休憩・・・を繰り返してしまいがちですが、流れを意識し、止ることなくエクササイズを行っていきましょう。

6 正しい動き

いくら量をこなしていても、正確な動きができていなければ、アプローチしたい筋肉に届くことなく、無駄な運動で終わってしまいます。

ピラティスを行う際は、しっかり効かせたい部分に集中してポージングを作っていくようにしましょう。

バランスを良く動いていこう

ピラティスは上記に上げた6つの項目がとても重要になってきます。

正確な動きでしっかりと効かせたい部分にアプローチできるよう、意識していきましょう。

ABOUT ME
Pilates Live事務局
Pilates Live事務局
ピラティスライブの企画や運営をする事務局。 ピラティスに興味がある人や好きな人を応援するウエブマガジンを運営している。