ピラティス

ピラティスって何?ヨガと何が違うの? 前編

最近になって青山学院大学の駅伝トレーニングで用いられたり、芸能人たちがSNSなどにアップしていることでよく耳にするようになった”ピラティス”ですが、一体ピラティスってなに?と思う方が多いのではないでしょうか?他にもヨガとなにが違うの?若い人がするフィットネス?と今更聞けない疑問にお答えしていきます!

まず、ピラティスとは”ジョセフ・ピラティス”というドイツ人が作った西洋のリハビリテーションをもとにしたエクササイズです。戦争中に看護師として働いていた経験もある彼はこのピラティスのワークを負傷者に使ったため、寝転がった状態のワークが基本となっています。

ピラティスの動き自体は常に骨盤と背骨の動きにフォーカスしているので、姿勢改善にとても効果的です。ウエイトトレーニングのように”筋肉をつけて体を大きくする”のではなく筋肉を伸縮しながら鍛えることによって、バランスよく筋肉をつけることが期待できます 。

また、呼吸は胸式呼吸と言って肋骨を横に広げる呼吸法です。

ピラティスとヨガの違いは?

ヨガは東洋から来ている”身体と心を調和する”ことを目的に行われるものです。特に瞑想があることはピラティスとの大きな違いです。

また、ヨガの呼吸法は腹式呼吸というお腹を動かす呼吸法を使います。

ピラティスの胸式呼吸はエクササイズのスイッチを入れる交感神経を刺激し、ヨガの腹式呼吸は体をリラックスさせるスイッチを入れる自律神経を刺激します。呼吸法から見ても体を動かして汗をかきたいのか、リラックスしたいのか運動の目的が違いますね。

しかし、こうは言っても今ではエクササイズのためのヨガクラスも増えてきましたよね。マットピラティスとヨガで実際にはっきりとした違いを感じられない!という方も多いのではないでしょうか?

ただ、一つだけ完全に違うことがあるんです!

それは、ピラティスにはマシーンを使った”マシーンピラティス”があることです!機材を使ったマシーンピラティスは即効性が高く、リハビリテーションにも用いられるため、アスリートからお年寄りまで幅広く使われる運動担っています。

このマシーンピラティスは1対1や2対1もしくは少人数のグループで行うので自分の体にあったエクササイズが期待できます!

続きはこちら

ABOUT ME
Mai
Mai
マット、マシーンのピラティストレーナーのMaiです。ただいま家族3人でカナダのバンクーバー在住。産後の体をピラティスで締めつつ海外のフィットネスもいろいろ体験していきたいなと思っています!