エクササイズ辞典

ビーツ

ピラティスのエクササイズは1つ1つが難しく、コツが必要になります。
スクールや本などで学習してわからなかったエクササイズの復習などに、エクササイズ辞典を見てみましょう!

ビーツはどこに効果的?

股関節周囲筋(内転筋・中殿筋など)

内外腹斜筋を始めとするインナーマッスル

改善できる可能性があるもの

・緩んだ太ももの引き締め

・緩んだお尻の引き上げ

・股関節の筋力低下による下肢の疲れやすさ、痛み

・骨盤や脊柱周囲の筋力低下による姿勢の悪さ

・腰痛

ビーツのトレーニングを控えたほうが良い方

・妊娠されている方

・腰・股・膝関節など関節を痛めている方

ビーツを実際にやってみましょう!

①右側を下にしてマットのふちに沿うようにまっすぐ横向きになる。膝も伸ばす

 両足は重ねてバランスをとる

②胸の前に左手をついて体を支え、右肘もついて頭を支える

③両足を持ち上げて動作スタート

④両足を自然呼吸で5~10回空中で打ち付けます。

⑤逆側も行い動作終了

ビーツのチェックポイント!

・骨盤が足を動かすときに前や後ろに傾きやすいので、床と垂直をキープするように体幹の筋肉で固定する。難しい場合は手で骨盤を少し支えてもいい

・肩が動かないように注意して動作する

・両足はともに動かして動作するのが基本だが難しければ軽減方法を行う

まとめ

ビーツの動作は他のサイドキックシリーズと同様に股関節周囲の筋肉強化によるお尻を引きあげ効果と太ももの引き締め効果が期待できます。

足をマットから浮かすだけでもお尻を引きあげ効果や太ももの引き締め効果が得られますが、その動きをコントロールすることで複雑な環境下でもバランスをとることが求められ体幹にあるインナーマッスルも総合的に刺激します。

体勢を維持するのが難しい方は足を打ちつけずに両足を浮かせたままキープしてバランスをとったり、小さな範囲での動きに抑えても良いので自然呼吸でチャレンジしてみましょう!

ABOUT ME
かぴ4
かぴ4
女の子一人を育てる専業主婦です。 休日は公園でレジャーシートと弁当広げています。日焼け予防として今年からマスク始めました。