エクササイズ辞典

ティーザープレップ

ピラティスのエクササイズは1つ1つが難しく、コツが必要になります。
スクールや本などで学習してわからなかったエクササイズの復習などに、エクササイズ辞典を見てみましょう!

ティーザープレップはどこに効果的?

腹筋・背筋をはじめとするインナーマッスル

改善できる可能性があるもの

・腰痛

・便秘

・ぽっこりと緩んだお腹

・猫背などの悪い姿勢

ティーザープレップのトレーニングを控えたほうが良い方

・妊娠されている方

・腰や首など関節を痛めている方は無理の無い範囲で行うこと

ティーザープレップを実際にやってみましょう!

①マットに膝を立て座る。足は閉じておく

②太ももの後ろに両手を添え、太ももをお腹に近づけるように持ち上げる

③マットと平行になるように両手を伸ばしたら腕を内側に向け動作スタート

④息を吐きながら腰を丸め、肩甲骨の下まで背骨を一つずつマットに下ろしていく

⑤息を吸いながら上半身を起こす

⑥上体を倒す・起こすを1セットと数え5~10セット行う

⑦両足をゆっくりおろし両手の力を抜く。脊柱をまっすぐ伸ばし動作終了

ティーザープレップのチェックポイント!

・後方に上体を倒す際は力を抜いて一気に倒れたり、腰を反らせたりしないよう注意する。

・背骨がCカーブを描くように常に動きをコントロールする

・体を起こす際に、反動をつけて起き上がらないようにする

・しっかり呼吸を出来ているか、呼吸のリズムが動作に連動しているか確認する

まとめ

ティーザープレップの動作では特に腹直筋を強く刺激します。

腹直筋の強化は背骨を支え腰痛などの痛みを減らす効果だけではなく、ぽっこりと緩んで出ているお腹の引き締めやトイレのときに息む力を増やす効果もあります。

両足を浮かせた不安定な状態で背骨を一つずつ動かすといった細やかな動作を行うといった行為は体幹全体の筋肉を刺激し腹直筋の強化によりもたらされる効果をさらに後押しするでしょう。

強度が強すぎると呼吸が止まってしまうので、最初は太ももを持ったりして自分に合った強度で始めてみましょう!

ABOUT ME
かぴ4
かぴ4
女の子一人を育てる専業主婦です。 休日は公園でレジャーシートと弁当広げています。日焼け予防として今年からマスク始めました。