エクササイズ辞典

スワンプレップ

ピラティスのエクササイズは1つ1つが難しく、コツが必要になります。
スクールや本などで学習してわからなかったエクササイズの復習などに、エクササイズ辞典を見てみましょう!

スワンプレップはどこに効果的?

背筋・腹筋をはじめとするインナーマッスル

改善できる可能性があるもの

・猫背などの悪い姿勢

・腰痛

・肩痛

スワンプレップのトレーニングを控えたほうが良い方

・妊娠されている方

・腰や首、肩など関節を痛めている方は無理の無い範囲で行うこと

スワンプレップを実際にやってみましょう!

①うつ伏せになり両手を額の下に置き動作スタート

②息を吸いながら頭・両手・胸をマットから上げて3~5拍キープする

③息を吐きながら①の姿勢に戻る

④3~5回繰り返す。

⑤最後にチャイルドポーズ(正座から前に両手を伸ばすポーズ)で腰をストレッチして動作終了

スワンプレップのチェックポイント!

・うつ伏せになったときから腹筋を引き締めておく

・最初は無理に腰を起こさず低い角度で行う。(腰痛防止)

・首から腰までの脊柱が弓なりに反るのではなく、まっすぐを意識する(腰痛防止)

・肩や首に力を入れず、出来るだけ背筋と腹筋の力で行う(首の悪化防止)

まとめ

スワンプレップの動作は猫背になりやすい人に最適な動作です。

正確に動作を行うことで普段は緩みがちな背骨を支える背筋や腹筋を総合的に強化しすっと伸びた綺麗な姿勢を作るのに役に立つでしょう。

既に腰痛がある人や普段から姿勢の崩れが目立つ人は柔軟性の低下や筋力低下により最初はうまく動作が出来ないかもしれませんが無理せずに低い角度で行うことで徐々に柔軟性の向上、筋力強化が出来ると思いますので焦らずに取り組んでいきましょう。

ABOUT ME
かぴ4
かぴ4
女の子一人を育てる専業主婦です。 休日は公園でレジャーシートと弁当広げています。日焼け予防として今年からマスク始めました。