エクササイズ辞典

クリスクロス

ピラティスのエクササイズは1つ1つが難しく、コツが必要になります。
スクールや本などで学習してわからなかったエクササイズの復習などに、エクササイズ辞典を見てみましょう!

クリスクロスはどこに効果的?


クリスクロスはどこに効果的?

主に


− 腹斜筋
− 腹筋強化
− 骨盤の安定
− 体幹のコントロール力向上


クリスクロスはくびれを作りたい人にとても効果的な腹斜筋のワークです。

また腹斜筋は腸骨にも接しているので骨盤の安定にも効果的です。その他にも体幹強化やコントロール力をしっかり鍛えてくれるワークになっています。

改善できる可能性があるもの

  • 腹斜筋によるキュッとしまったウエスト作り
  • 左右の筋力バランスを整えて、骨盤の歪みを改善

クリスクロスのトレーニングを控えたほうが良い

  • 妊婦さん
  • 骨粗鬆症の方

クリスクロスを実際にやってみましょう!

クリスクロスを実際にやってみましょう!

  1. マットに仰向けで寝転がり骨盤をニュートラルにキープします。
  2. 両手を頭の後ろにセットします。お腹をスクープの状態にし、上半身を肩甲骨まで持ち上げましょう。
  3. 両足を持ち上げて膝を90度にキープします。
  4. 吐く息で左足を伸ばし、それと同時に左の肘を右の膝に近づけるようにひねりましょう。
  5. 吸う息で足をスイッチし、吐く息で反対側にひねります。
  6. 繰り返していきましょう。

クリスクロスのチェックポイント!

クリスクロスのチェックポイント

  • 流れて動いてしまわないようにひねった状態で2〜3秒止まりましょう。
  • 肘を膝につけようとせず、上半身を固定した状態で動かしていきます。
  • ひねる際に肋骨をマットに差し込むようなイメージで動かします。

まとめ

くびれ作りにはマストなエクササイズです!10回3セットほどをゆっくり丁寧に動かして行うとじわっと汗が出てくるので是非試してみてください!

ABOUT ME
Mai
Mai
マット、マシーンのピラティストレーナーのMaiです。ただいま家族3人でカナダのバンクーバー在住。産後の体をピラティスで締めつつ海外のフィットネスもいろいろ体験していきたいなと思っています!