ピラティス

まだ間に合う!水着をきれいに着るための美尻ピラティス 前編

垂れたお尻とはさよなら!丸く上がったお尻はここを意識!

最近ではもう定番となった美尻ブーム!丸く上がったお尻を目指す人が増えました。何もしていないと脂肪が多いお尻は年齢とともに垂れていきやすい部分なので、しっかりと筋トレをして引き上げていくことが重要です!逆にお尻は鍛えたら効果が出てきやすい部分でもあるので、今からでも遅くはありません!

まず、”丸く上がったお尻”を目指すにはお尻の膨らみ、ボリュームを出す大臀筋、お尻の高さを出す中臀筋、小臀筋この3つを意識してエクササイズをしていかなければいけません。それに加えてハムストリングスを鍛えることでお尻と太ももの境目も作っていきましょう!

足は太くしたくない!前腿に効かないようにするには? 

お尻に効くエクササイズをすると前腿に効いてしまう。という話をよく聞きます。エクササイズの角度や筋肉の伸縮、普段の姿勢によって前腿に効いてしまうのは事実です。

まず、そういう人に行って欲しいことは腸腰筋という股関を支える筋肉のストレッチです。この筋肉が硬いとエクササイズがお尻にしっかりと効いてきません。

腸腰筋のストレッチ方法

1、右足を90°で立て膝にし、左足を後ろに伸ばします。

2、骨盤を後傾しお尻を締めながら両手を上に上げていきましょう。その状態で呼吸を深く繰り返します。

左の股関節の前が伸びていたら正解です。これを左右30秒ずつ行います。

また、普段からの姿勢もチェックしていきましょう。反り腰と言われる骨盤が前傾している人の場合はエクササイズをしてもお尻に効かず前腿に効いてしまいます。また普段の立ち姿勢からも前腿に負荷がかかって筋肉が鍛えられてしまうので毎日の生活から正しい姿勢を意識していきましょう。

後編はコチラから

ABOUT ME
Mai
Mai
マット、マシーンのピラティストレーナーのMaiです。ただいま家族3人でカナダのバンクーバー在住。産後の体をピラティスで締めつつ海外のフィットネスもいろいろ体験していきたいなと思っています!