ライフスタイル

夏の紫外線の後はケアが大事!しっかり保湿して美肌を目指そう!

紫外線に注意!紫外線が原因の肌トラブルは?

夏は海やプールなど、外で過ごす時間が多くなり、露出も増えますがその分紫外線を多く浴びるので日焼けをする機会も増えます。


紫外線を浴びることで肌に大きな影響を与えます。日焼けは火傷と同じ状態なので身体にはよくないのです。また、焼けて黒くなるとすぐには治らず、肌に触れると痛みを感じることもあります。

肌質によっては黒く焼けず真っ赤になる人もいるため、より痛々しく見えてしまうのです。そして日焼けはシワやシミの原因にもなります。

シワやシミが増えるということは老化現象に繋がるので、いつまでも若々しい姿でいるためには日焼け対策はしっかり行わなければなりません。

なので若いうちからしっかり日焼け止めなどを塗って万全な対策をしましょう。


また、肌以外でも身体に影響を与え、最悪の場合は皮膚ガン、白内障などの病気を引き起こす可能性もあります。なので紫外線には注意しなければならないのです。

紫外線を浴びてしまった時は保湿ケアをしよう!

紫外線を浴びないように、多くの方は日焼け止めを塗って外出しますが、日焼け止め以外のケアも行わなければなりません。それが保湿です。

日焼け止めを塗ると日焼けを防ぐことはできますが塗ることで肌を乾燥させてしまうことがあるのです。乾燥肌はカサカサしてしまい良くないです。

そんな時に保湿を行うことで潤いのある肌をキープさせることができます。また、保湿することで紫外線によるダメージを減らすことができ、強い肌を守ることができるのです。


冬は乾燥しやすいため、保湿ケアをしっかり行うイメージが強いですが、紫外線も防ぐことができるので、冬の間しか保湿をしていない方は夏場でも保湿をするようにしましょう。

気になる保湿の仕方は後編へ!

ABOUT ME
bonbon
bonbon
初めまして、bonbonと申します。 ピラティスについての情報を発信して、多くの人にピラティスに興味を持っていただければと思います。 よろしくお願いいたします。