ライフスタイル

産後に最適!ピラティスでお腹をへこませよう!

妊娠・出産は、多くの人が経験するもの。

身体に大きな負担がかかる出産の後のケアはされていますか?

今からでも遅くない!産後のケアをピラティスで一緒にしていきましょう。

出産した後の身体は筋肉がゆるゆるの状態!

出産して疲れきった後の身体は筋肉や骨のバランスなど全てがガタガタの状態です。

特に、お腹の筋肉は赤ちゃんがお腹の中でどんどん成長していき、それに対応すべく筋肉も伸びていったので、産後のお腹周りの筋肉はゆるゆるの状態です。

骨のバランスは、出産時に臨機応変に対応できるように供えて身体中が不安定になっているので、あるべく場所に戻してあげないと、トラブルの原因になります。

時間が経つにつれて、ある程度は筋肉が収縮して元に戻りますが、しっかりとした筋肉を作り直していかないと、便秘や、胃腸などの内臓のくずれの原因になってしまうことがあります。

出産して1ヶ月検診の時に、医師から運動しても問題ないといわれた方から、運動していくと良いでしょう。

産後の1ヶ月検診より前に運動をしてしまうと、身体がまだ十分に回復していない部分があったりする為、医師から許可をもらってから運動を行ってください。

筋肉がゆるくなってしまったままだとどうなるの?

産後のゆるみがちゃんと戻らないと、沢山のトラブルが起こる可能性があります。

一番よく聞くトラブルは、尿漏れです。

出産で緩みきった骨盤底筋が原因で、くしゃみや咳をした時など、ふとした瞬間に尿漏れが発生します。

また、それ以外にも

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 手足の冷え
  • 下腹部のぽっこりお腹

など、様々なトラブルが出てくる恐れがあります。

ピラティスでインナーマッスルを引き締めよう!

ピラティスは、インナーマッスルを鍛え、骨盤のバランスを整えるのにとても良いエクササイズです。

インナーマッスルを鍛え、骨盤底筋を強化することにより、尿漏れなどのトラブルを解消する事が出来ます。

おすすめのピラティスエクササイズ

オススメのピラティスエクササイズをご紹介していきます。

急に負荷をかけると痛める原因にもなりますので、少しずつ強度をつけていきましょう。

この方はスモールボールの上でエクササイズしていますが、床に座ったままでも出来ますので、チャレンジしてみてください。

まとめ

インナーマッスルがついてきたら、身体が楽になったり、行動が速くなったりと、良い事尽くめ!

  • 産後はピラティスでインナーマッスルを鍛えよう
  • 急に負荷の大きなエクササイズからではなく、難易度の低いエクササイズからやっていこう
ABOUT ME
Pilates Live事務局
Pilates Live事務局
ピラティスライブの企画や運営をする事務局。 ピラティスに興味がある人や好きな人を応援するウエブマガジンを運営している。