ライフスタイル

妊娠していても出来る?ピラティスでマタニティエクササイズをはじめよう!

妊娠時は、運動はしてはいけない!と思っている方はいませんか?

実はその逆で、妊娠中は、適当な運動だったら取り組んでOK!

適切に運動をして、楽しいマタニティ生活を送りましょう!

しかし、少し注意点もあります。

しっかりとポイントを抑えてエクササイズしていきましょう!

asim
asim
出産後はあまり運動に時間をとれないから、今のうちに貯金ならぬ貯筋しておこう!

妊娠中にもピラティスはやってもOK!

ピラティスのバックボーンは、戦争中に怪我をした兵隊のリハビリなどなので、寝たきりでもできるエクササイズがあります。

仰向けや横向きで寝て行う動作も多い為、バランスを崩してしまうようなポーズをとらなくてもエクササイズが可能なので、妊婦さんでも安心して取り組むことが出来ます。

妊娠初期からでも出来るので安心

今までバリバリに運動をしていた方だけができるエクササイズではなく、運動経験が全く無い方でも妊娠初期からのエクササイズとしてライフスタイルに取り入れていただくことができます。

妊娠初期には、体調が不安定なときもあると思いますので、無理はしないように

今日はちょっとやめておこうかな・・・

これくらいで終わりにしよう

など、自身で調節してみましょう。

主治医の許可をもらってエクササイズをしましょう

どんな運動をしているのか把握してもらう事も含めて、かならず医師には報告・相談をしましょう。

自分が大丈夫だと思っていても、かなりお腹が張っていたりする事もあるので、今の身体の状態でやってもOKかしっかり聞いておくことも大切です。

医師に止められた場合は、絶対にやらないようにしよう

万が一、医師からストップがかかった場合は、必ずやめるようにしましょう。

私達は身体の中がどんな状態かしっかり把握できていないので、医師がやってはいけないと言っていたけど、少しくらい大丈夫だよね・・・

と、エクササイズを行って、残念な結果にだけはならないようにしましょう。

妊娠中にピラティスなどの運動をしても大丈夫なの?

妊娠中は、基本的にはピラティスのエクササイズをしても大丈夫です。

ただ、通常のピラティスレッスンには入れない事が多いです。

マタニティーピラティスのクラスを開講している所へ出向くのがベストでしょう。

もしピラティス教室へレッスンを受けに行きたい方はまず教室へ問い合わせをしてから行ってください。

ピラティスをはじめる時に、必ず自分の身体の状態を観察して、お腹の張りや、いつもと少しでも違う違和感を感じたら行うのをやめましょう。

妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期いつからでもはじめられる!けど・・・

ピラティスはいつでも始められますが、教室によっては規約などがあり、受け入れていただけないこともあります。

教室へはか必ず事前に連絡を入れて、妊娠している事を伝えておきましょう。

毎日自分の体調を考えて、無理は絶対にしないこと

自分自身の体調は自分にしか分かりません。

特に、お腹の張りは、初産だと分かりにくいこともあるようです。

お腹を触ったり、自分の心拍数を数えたりして、身体が運動が出来る体勢になっているか判断しましょう。

つわりの時も体力が削られてしまうのでなるべく控えましょう

妊娠初期の方で、悪阻がある方は、かなり体力の消耗をしているので、悪阻中はエクササイズを控えましょう。

もし、少しでもやりたい!

という方は、呼吸法だけでもとても効果があるのでやってみてください。

ピラティスで身体を動かして安産を目指そう!

深い呼吸と、身体の動かす動作で身体はいきいきとしてきます。

ウォーキングの前などに軽くやるといいでしょう。

しっかり出産筋を鍛えて安産になりましょう

骨盤底筋などの筋肉は鍛えておくと、出産時に押し出す力にもなるのでオススメです。

骨盤周りの筋肉を鍛えていれば、臨月などのウォーキングも楽に出来ます。

一人だけの時間を大切に

子どもが無事産まれたら、あわただしい毎日が始まります。

自分のメンタルケアとしても、ピラティスを取り入れてみてください。

ABOUT ME
Pilates Live事務局
Pilates Live事務局
ピラティスライブの企画や運営をする事務局。 ピラティスに興味がある人や好きな人を応援するウエブマガジンを運営している。