ライフスタイル

スマートウォッチ使ってる?ピラティスや日常使いにおすすめ

おしゃれで、便利に使える時計が欲しい。

ピラティスをやるため、健康管理としてスマートウォッチを検討している。

スマートウォッチは時計の機能だけではなく、日々の生活やビジネス、ピラティスまで様々なシーンで役に立つ機能が搭載されています。

  • 新しい時計を探している方
  • 健康を意識している方
  • ピラティスなどスポーツの際も時計を身につけておきたい方

現在新しい時計を探している方もいると思います。最近の時計は、時計の機能だけではなく、心拍計、体調、消費カロリー、眠りの深さなど、健康意識している方やピラティスをする方にも役立つ機能があります。

時計を探しているならスマートウォッチがおすすめ

スマートウォッチとは

スマートウォッチは腕時計型端末(ウェアラブルデバイス)といわれ、腕に身につけて持ち運ぶことのできる小型の端末です。スマートウォッチをおすすめする1つ目の理由、それは、時計としての機能だけではなく、スマートウォッチで電話応対、地図検索、体調管理まですることができるからです。それは日常生活に浸透し、今ではスマートウォッチを身につけている人も少なくありません。

 

スマートウォッチの機能

スマートフォン以上に即座に対応でき、そして持ち運びやすい端末としておすすめのスマートウォッチは、ウェアラブルデバイスという名の通り、身につけているからこその利点が様々あります。いくつか代表的な機能を紹介していきたいと思います。

  1. 着信、メール通知

特に最近のスマートウォッチは、手持ちのスマートフォンとBluetoothで連携させることができるため、スマートフォンに着信やメールなどが入った場合に、身につけているスマートウォッチに通知させることが出来ます。そのため、カバンやポケットにしまっているスマートフォンを出さずに、そのスマートウォッチを使って閲覧、返信、電話の場合は応対をすることができます。

 

  1. 地図検索

通知機能だけではなく、スマートフォンのような画面付きのスマートウォッチでは、GPSを使い地図検索ができる機能がついている端末もあります。

 

  1. 健康管理

ウェアラブルだからこそのスマートウォッチの最大の利点は、健康管理ができることです。腕に身につけるために脈拍測定や万歩計、また睡眠時に身につけていれば、睡眠の質も知ることができます。

スマートウォッチは普段使いができる

スマートウォッチにすることにおすすめする2つ目の理由は、TPOによってバンドを使い分けできることです。

https://plusstyle.jp/data/uploads/company/7054/Noerden2/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E4%B8%80%E8%A6%A7.jpg

 

それは、ファッション性のあるカラフルなデザイン、ビジネスで使用できる控えめなデザインとカラー、スポーツ時に役立つ通気性のよいバンドなどと様々です。バンドや基盤のスタイルによって使い分けていた通常の時計とは異なり、スマートウォッチはバンドを交換することによってどの場面でも通用できます。

どんな種類がある?おすすめスマートウォッチ

Apple

アップル社のiPhoneをお持ちの方にやはりおすすめはアップルウォッチです。2015年のシリーズ1の発売以降毎年新シリーズを発売されていて、現在の最新モデルはiPhone11と同時に販売されたApple Watch Series5となります。同じ製品でも男性用女性用として大きさが4㎜ずつ異なり、また、シリーズ内でもNikeやHermesとコラボした製品もあり、選択肢は非常に広いです。

Apple Watch Nike+

Apple Watch Hermes

Macbook同様にアップルウォッチはiPhoneと連携させることができ、iPhone内の情報共有などには非常に便利です。特にシリーズのうち2モデルのうちの1つはGPS+CELLULARモデルで、連携させずにApple Watch単体でも機能する特徴があります。

Android

多くのスマートウォッチはiPhoneにもアンドロイドにも連携させることができます。iPhoneユーザーであれば、Apple Watchが一番最適と思われますが、アンドロイドユーザーだからこそその文選択の幅も広がります。タッチパネル式、アナログ式でおすすめをそれぞれ2つずつ紹介します。

HUAWEI

HUAWEI WATCH GT 2は42㎜と46㎜の2種類あり、Sport,Classic,Elite edition と3つのeditionにわけられています。音楽再生、日常生活の記録はもちろん、スポーツモードまで備え付けられています。バッテリーの持ちは46㎜では約2週間、42㎜では約1週間と、非常に優れています。

 

マイケルコース

マイケルコースからはファッション性の高い、おしゃれなスマートウォッチも販売されています。SNSに投稿した写真をスマートウォッチ上に表示することができます。また、バンド展開もされているため、TPOに合わせて時計のアレンジもできることが魅力の一つです。

 

Fossil

Fossilのハイブリッドスマートウォッチはアナログも兼ね備えています。それは、タッチパネル式と同じように連絡通知、心拍数表示、日常活動の記録をすることもできます。また交換用のバンドも展開しているため、ファッション性もあります。タッチパネル式だと堅苦しい、アナログ型で他のスマートウォッチと同じ機能を望んでいるという方にはおすすめのひとつです。

 

Garmin

アナログ、タッチパネルどちらも兼ね備えた時計です。他種同様、健康管理、通知機能、音楽コントロールが可能です。バッテリーの稼働時間はSmartモードで 最大5日間、時計モード だと2週間と、持ちが良い特長があります。

3.スマートウォッチはピラティスでおすすめ

スポーツ時に使われるスマートウォッチはスポーツウォッチや活動量計とも呼ばれ、心拍数、消費カロリー、防水機能など、スポーツ活動において活用することができる機能ついています。ランニングなどの汗をかくトレーニングから、ヨガやピラティスなどの落ち着いた運動の際の着用におすすめです。

心拍数

スマートウォッチは手首にずり落ちることがないよう、ぴったりと固定することにより心拍数を図ることができます。それは、どの激しい運動からピラティスなどの落ち着いたエクササイズでも効果を発揮します。

消費カロリー

普通であれば運動時には外してしまうかもしれない時計ですが、スポーツ対応のスマートウォッチは運動時にも着用していれば日常の消費カロリーだけではなく、運動時の消費カロリーを知ることができます。ピラティス1度でどのくらいカロリーが消費されているのかを知ることは中々難しいですが、スマートウォッチをつけてエクササイズを行なうことにより知ることができます。

防水機能

スマートウォッチには防水機能もあり、水に触れる際の心配だけではなく、スポーツ時の汗にも強いです。また、スポーツの際にはレザーバンドよりも、スポーツ用に作られた通気性のよいラバーバンドなどに交換してから行うことがおすすめです。

 

ピラティス時におすすめのスマートウォッチ

ピラティスをやる方におすすめスマートウォッチをいくつか紹介していきます。

Fossil

Fossilはファッション性が高く、大きめな時計が多く、スマートウォッチにもそれが表れています。多くのスマートウォッチ本体は控えめな色をしていることが多いですが、Fossilのスポーツウォッチは鮮やかな色、パステルカラーに彩られた時計があり、持っているだけで元気でやる気の出る時計となっています。ピラティスのウェアの色に合わせてスマートウォッチをぜひFossilの選んでみてはいかがでしょうか。

Garmin

Garminは日常で使えるスマートウォッチのほかにも、それぞれのスポーツに焦点をあてた商品を販売しています。それは、ゴルフ、ランニング、スイミング、ダイビングなどと多様です。その多様なスマートウォッチのカテゴリの中でも、「ライフログ」のカテゴリにピラティスをやる方におすすめの商品があります。

「Venu」は心拍数やストレス、呼吸、水分補給追跡と、朝起きてから寝るまでの一日の活動をモニタリング、記録します。眠りについてからの眠りの質も記録することができます。

また、このVenuは動画ワークアウトにより映像を見ながらピラティス、ヨガ、筋トレや有酸素トレーニングを表示させることができるアプリが備え付けられているため、ピラティスをやる方にはもってこいのおすすめスマートウォッチです。

Fitbit

FossilやGarminは少し値がすると思う方には、1万円ほどで購入ができるスポーツ用スマートウォッチのFitbitのInspire、Inspire HRがおすすめです。

デザインはシンプルで小型のため、スポーツ向きです。また、この小型の端末内でも必要な機能はそろっています。一日のアクティビティを記録し、消費カロリー計測、また睡眠も記録できるというこれらの代表的な機能は他のスマートウォッチに劣りません。特にInspire HRにはピラティスでも役立つ「エクササイズモード」があり、消費カロリー、時間、目標設定などの機能があります。

結局どうスマートウォッチを選ぶ?スマートウォッチのおすすめの選び方3つ

ここまでスマートウォッチについて見てきましたが、スマートウォッチは朝起きて外出先でも、ビジネスにおいても、スポーツにおいてもあらゆる点で役立つことが分かりました。ここで、情報が多いために結局どのスマートウォッチが良いのかわからなくなってしまった方は、大まかに、下記の3つのように焦点を当てて選ぶことをおすすめします。

使用用途

まず、スマートウォッチを購入する際に、一番といっても過言ではない考えなければならないことは、使用用途です。それは、ビジネス用に連絡がすぐに取れるようにするためであるか、スポーツ用として自己管理するためであるのか、それとも、それほどこだわりはないが、時計以外の機能に魅力を感じるから購入を考えているのか。

手持ちのスマートフォン

使用用途と同時に気にしなければならないことは、手持ちのスマートフォンと同期させることができるかです。それは、iPhoneであるか、アンドロイドであるか、アンドロイドとすると、購入を考えているスマートウォッチと同期できるようにOSであるかです。アンドロイドのOSは2つあり、Wear OS by GoogleとTizenです。手持ちのスマートフォン、購入を考えているスマートウォッチはどのOSであるかを知ることは、買い物の失敗を防ぐためにも大切です。

デザイン

スマートウォッチは多種多様で、アナログ、デジタル、スクリーン型と様々です。デザインは使用用途に繋がっているため、TPOを考えてスマートウォッチのデザインを考えることをおすすめします。機種によりますが、いくつかのスマートウォッチはバンドを状況に応じて交換することができるため、シーン別でバンドをいくつか保有が可能であることがスマートウォッチ所持をおすすめする一つです。

 

まとめ

スマートウォッチは、今ではあると便利な存在となりました。それは、時計という役割だけではなく、腕に身につけているからこそ発揮できる機能が多々あります。心拍数、消費カロリー、端末によっては活動記録もつけることができるスマートウォッチをぜひ日常生活で、ピラティスで活用してみてはいかかでしょうか。

ABOUT ME
Pilates Live事務局
ピラティスライブの企画や運営をする事務局。 ピラティスに興味がある人や好きな人を応援するウエブマガジンを運営している。