ライフスタイル

自律神経を整えるには?それ、胸式呼吸が効くんです!

忙しい毎日に自律神経が乱れ体調を崩す方も少なくないと思います。

  • なんとなく日々疲れている
  • 原因が分からないけど体調が悪い
  • 自律神経を整えたい

自律神経の整え方はいろいろありますが、ここでは自律神経が乱れる原因とおすすめの胸式呼吸について紹介していきます。

自律神経とはなにか

自律神経とは、体の働きをコントロールする神経です。

全ての血管や内臓に働きかけていて、血圧や体温の調節などをおこないます。

緊張している時や起きている時に働く交感神経と、寝ている時やリラックス状態の時に働く副交感神経のふたつがあります。

自律神経の乱れとはこの神経のバランスを失ってしまうことをいいます。

自律神経が乱れる原因

精神面のストレス、肉体疲労、食生活の乱れや睡眠時間の乱れのどの生活習慣の乱れなどが自律神経が乱れてしまう原因になるといわれています。

自律神経が乱れてしまうとからだのだるさ、頭痛、肩こり、めまい、吐き気など人それぞれに不調が現れます。

一度は聞いた事があると思いますが、この自律神経の乱れが原因で起こる体の不調を「自律神経失調症」と言います。

胸式呼吸で整えよう

自律神経を整えるには緊張状態をほぐすためにリラックスすることが大切です。

ここでは簡単にできるおすすめの胸式呼吸のやり方を説明していきます。

腹式呼吸は意識をして歌を歌うときにする呼吸ですが、胸式呼吸は普段みなさんが意識をせずに している呼吸が胸式呼吸であり、ピラティスの呼吸も胸式呼吸なんです。

簡単に言ってしまえば深呼吸をして自律神経をコントロールしようという事です。

やり方は

  1. 息を吸うときに肺を膨らませる意識をしながら4秒かけて息を吸います。
  2. ゆっくりと吸った空気を全て吐き出す意識をしながら8秒かけて息を吐き出します。


これだけでもリラックスができ、自律神経を整えることができます。

さいごに・・

現代社会ではスマートフォンの普及に伴い睡眠時間の乱れが大きく取り上げられていますよね。

ついつい、寝る前にスマートフォンでネットサーフィンしてしまい夢中で寝られなくなり次の日起きられないなど。

こういったことでも自律神経は乱れてしまいます。なので寝る前はできるだけスマートフォンの使用を控えるのも自律神経の乱れの予防になります。

そして日常生活でストレスが溜まってしまったり疲れてしまった時などは深呼吸をおこなってみてはいかがでしょうか。

簡単にリラックスすることができますので是非日常生活に取り入れてみてください。