ライフスタイル

生理は体に危険?ピルで止める方が良い?原因など紹介します

ピルを使用する際は、医師にかかり説明を受けて使用して下さい。

こちらはピルの使用を推進する記事ではなく、ライターによる見解です。

生理は女性にとって大切…しかし本当は体に危険?

女性には月1回、必ず生理が来ます。毎月きちんと生理が来ることが健康的ですが、一方で生理痛による腹痛で苦しめられたり、貧血を起こしたりと嫌なこともたくさんありますよね。

実は最近では生理が来ることは体にも負担をかけていて悪影響だと言われています。

ここでは、生理が悪影響を引き起こす理由やデメリットなどを紹介していきます。

また、改善方法なども紹介するので生理に関して悩んでいる方もこれを読んで対策していきましょう。

生理はピルで止めた方が良い?ピルを飲む人が増加している訳

生理は毎月来ることが良いと言われていますが、実は毎月来ることで体に大きな負担をかけています。 

生理中は出血はもちろん、腹痛やPMS、肌荒れなど多くの現象に悩まされますよね。

そのためにも排卵の回数や月経の回数は少ない方が良く、出血量も減らした方が体に良いのです。

そこで登場するのが低容量ピルです。低容量ピルは避妊目的で飲むものではないかと思う方も多くいますが最近では避妊目的以外でも飲む方が増加しています。

ピルを飲むメリットは?病気の発症率も減らせるって本当?

ピルを飲むことで妊娠できなくなったり、肌荒れしたり、病気になったりするのではないかとピルは悪いものだと考える方も多くいますが実はそうではありません。

ピルを飲むことで生理痛を緩和したりするのはもちろんですが、子宮内膜症などの病気も防ぐ効果があるのです。

生理の回数を減らすことで病気を予防できるのは意外ですよね。

また、妊娠したくなったらピルを飲むのをやめればすぐに生理が始まるようになります。

なのでいずれ妊娠したい方でも気にせず安心して飲むことができるのです。

ピルを飲んで体を守るのも大切

ピルは今まで悪いイメージがつきものでしたが、むしろ体に良いことがわかりました。

生理の緩和や病気予防など、実は体に良い働きをしているので今生理痛に悩んでいる方はピルを飲んで改善するのも良いかもしれません。

ピルを飲んで生理中の辛い日々を快適にして乗り越えていきましょう。

ABOUT ME
bonbon
初めまして、bonbonと申します。 ピラティスについての情報を発信して、多くの人にピラティスに興味を持っていただければと思います。 よろしくお願いいたします。