ライフスタイル

温度で変わる!入浴時の湯船の効能

みなさん、入浴の際はお風呂のお湯の温度、何度に設定していますか?

熱めのお風呂が好きな方、ぬるめのお風呂が好きな方と好みは様々かと思いますが、実は入浴で得られる健康効果は「温度」で大きく変わってきます。

今回は、湯船の温度別の効能についてご紹介したいと思います。

ぬるめのお風呂(38℃~40℃)の効果

一般的なぬるめのお風呂の温度は38℃~40℃程度です。

ぬるめのお風呂に浸かると自律神経系の内の副交感神経が活発になるといわれています。

副交感神経とは、寝ている時やリラックスしている時の神経です。

副交感神経が働くと、脳の働きが落ち着いて眠たくなったり、胃腸の働きが活発になります。また、じわじわとゆっくり身体が芯から温まっていくので、筋肉の緊張を解す効果もあります。

従って、リラックスして疲労を改善したい時、よく眠りたい就寝前や、消化を促進したい時などにオススメの温度です。

注意点

温度がぬるいので、その分湯冷めもしやすいです。

ぬるめのお風呂に入るときは、20分以上かけてのんびり湯船に浸かるようにしましょう。

のぼせるといけないので、半身浴にしたり、水分補給をしながら無理せず身体を温められると良いですね。

熱めのお風呂(42℃~)の効果

一般的な熱めのお風呂の温度は42℃以上です。

熱めのお風呂に浸かると自律神経系の内の交感神経が活発になるといわれています。

交感神経とは、日中の活発な動作の源になる神経です。

交感神経が働くと、心臓が普段よりも一層働き血圧が上がったり、身体が活動的になりシャキっとします。

注意点

急激な血圧の上昇や体内の水分不足に繋がるので、高齢者の方、普段から高血圧の方、心臓の弱い方はできるだけ避けるようにしましょう。

また、熱いお風呂は体力を消耗してしまうという特徴もあります。

熱い湯船に浸かりたい時は、身体が健康な時に入る、入力時間を10分以内に収める、かけ湯などで徐々に身体を温めてから入る、などのポイントを守ってお風呂を楽しみましょう。

いかがでしたでしょうか?

健康面からはぬるめのお風呂が推奨されていますが、その日の気分や体調に応じてお風呂を楽しんでみてください♪ただ、注意点には十分気をつけてくださいね。

ABOUT ME
大槻 チハル
お酒とおいしい食べ物が好きです。最近ウクレレを買いました。