ライフスタイル

カロリーよりも糖質が危険?ダイエット中は糖質を抑えよう

ダイエットの敵はカロリーじゃなくて糖質?

料理を選ぶ際にカロリーを見て決めることってありますよね。

ですが、実は最近ではカロリーはダイエットにはあまり関係ないと言われているのです。ならば何が良くないのかというと、糖質が危険だと言われています。

最近は糖質制限ダイエットという方法が流行するほどです。ここでは糖質について、糖質の少ない食べ物などを紹介するのでぜひ参考にしてみて下さい。

糖質ってそもそも何?

糖質とは、芋類や米、砂糖を含んだ甘いお菓子などに含まれる成分のことです。芋類や米は炭水化物でもありますが、炭水化物に含まれているのが糖質と食物繊維であることから、糖質は炭水化物の一部だということがわかります。

糖質を必要以上に摂取してしまうと、血糖値が上がってしまいます。血糖値を下げようとするために糖が中性脂肪に変化してしまうことで体にも脂肪がつき、太ってしまうのです。

糖質を取らないオススメの食材とは?

糖質を取ることがダイエットに不向きだということがわかりましたが、ここでは糖質の少ない食べ物を紹介しますので、ダイエットしている方は糖質を控えていきましょう。

①大豆

大豆はダイエット食やバストアップを目指している方に人気の食材ですが、糖質も少ないです。

また、大豆にはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンを調節し更年期障害を防いだり、がんの予防になったり、生活習慣病の改善に繋げたりと健康面でも効果が高い食材なのです。

なので1日1食は大豆で作られた納豆や豆腐を摂取すると良いでしょう。

②こんにゃく

こんにゃくは芋類ではありますが、糖質は少ないのでオススメです。

便秘対策にも良い食材なのでお腹が張ることなく、すっきりとしたウエストを維持することができるでしょう。

食感もあり腹持ちするので、食べていて満腹感を得ることができます。食べても食べてもお腹が空いて辛い方はこんにゃくを食べて対策すると良いかもしれませんね。

③チーズ

どうしてもおやつが食べたくなる時はチーズを食べることをオススメします。チーズは太るイメージが強いですが、実は食べても太りません。

チーズは代謝を良くする働きや肌の調子を整える機能を持っているので、ダイエット以外の面でも効果のある食べ物なのです。

糖質を控えてダイエット効果をあげよう

いくら糖質を控えたくても、その一方でご飯が食べたい時も出てくるかと思います。

最近では炊飯器も糖質をカットしてくれるものが販売されています。

もし、どうしてもご飯を食べたい方は糖質をカットしてくれる炊飯器を購入して食べると良いでしょう。

糖質を制限することで健康面でも非常に良いと言われています。もし、ダイエット中の方やこれからダイエットを始める方は糖質を考えて食事を摂るようにして下さいね。

ダイエット効果をあげて、理想的なスタイルを目指していきましょう。

ABOUT ME
bonbon
初めまして、bonbonと申します。 ピラティスについての情報を発信して、多くの人にピラティスに興味を持っていただければと思います。 よろしくお願いいたします。