ライフスタイル

内臓を強くする為には

asim
asim
筋肉はどんどん強化する事ができるけど、内臓は強くする事ができるのかしら?

内臓はどんどん衰えていく?

年齢とともにどんどん衰えていく内臓・・・

最近お酒に弱くなったな

とか、

風邪を引きやすくなったな

と思っている方、それは、疲れが溜まっていたり、体勢の癖により疲れが滞っているからかもしれません。

内臓に疲れが溜まるとは

内臓は常に色々な身体の部分を補って稼動しています。なので、疲れが溜まってしまいがちな場所ですが、休ませる事がなかなか難しいので、どんどん疲労が溜まり、身体が弱くなっていると錯覚してしまうのです。

精神的な外傷からくる内臓の不調

ストレスや緊張などが長期間続き、身体に負荷がかかってくると、内臓にもかなりの負担がかかってきます。

内臓は、摂取した食事などの消化吸収などもしている為、かなりの負荷がかかることがわかりますね。

栄養摂取の偏りによる内臓の不調

野菜を食べていなかったり、食物繊維をとっていなかったり、油っぽいものや塩辛いものを沢山食べていたりすると、内臓が処理する内臓力がなくなり、内臓が疲れてしまいます。

姿勢からくる内臓の不調

猫背や、長時間同じ姿勢、脚を組んでいるなどの姿勢は、身体がゆがんで内臓を圧迫したり、健康な形を維持する事ができなくなったりします。

内臓を元気にする為には

内臓はほぼ動きっぱなしですので、休ませて上げたりストレスや負荷を軽くしてあげる必要があります。

ファスティングやクレンズ

食事などで内臓に負荷をかけている場合は、ファスティングやクレンズで内臓を休めましょう。断食などで内臓を休める場合は、休めた後は少量のお粥など、身体に負担のかからないものから徐々に食べていかないと、逆に負担となってしまいますので、注意して下さい。

整体やピラティス

整体などで整えてもらうと、身体のバランスが改善しますが、根本が治っていない為にすぐ元に戻ってしまいますので、定期的な通院が必要になります。
ピラティスは、自分で整えることができますが、速効性がなく地道なものになるために、途中で挫折してしまう方も多くいますが、正しい筋力を備えて身体に負担の少ない動きをとることができる為、続けることが出来る方にはとてもオススメです。

自分にあった内蔵の整え方を見つけましょう。

長期的なことが苦手な方は、整体とあわせてピラティスをしたり、クレンズなどを織り交ぜて内臓を休めつつ強化していくと良いでしょう。

注意したほうが良いのは、クレンズ中はピラティス等の運動です。クレンズやファスティング中は体力もなく、内臓も筋肉も休ませてあげないと、貧血などで倒れたりしてしまうばあいがあります。

自分の身体と相談して、よりよい内臓の強化をしていきましょう。

ABOUT ME
Pilates Live事務局
Pilates Live事務局
ピラティスライブの企画や運営をする事務局。 ピラティスに興味がある人や好きな人を応援するウエブマガジンを運営している。