マインド

運動習慣を身につけてメンタルヘルスを整えよう

現代社会は、複雑な人間関係や長時間労働など、多くのストレスにさらされます。家庭や仕事、様々な環境の中で健康を維持するのは大変です。最近では、身体の健康だけでなく心の健康にも注目が集まっています。今回は、心の健康、メンタルヘルスを整えるためにはどのようなことに気をつけたらよいのか説明していきます。

メンタルヘルスが乱れると何が起こるのか

メンタルヘルスが乱れるとどのような問題が起こるのでしょうか。真っ先に思い浮かぶのは、うつ病やパニック障害など、心の病気です。うつ病になる原因は、今のところはっきりと分かっていません。しかし、生活習慣が発症と関係することは明らかになっており、その中でも、運動習慣のない場合にうつ病を引き起こしやすくなります。運動習慣は、身体の健康のためにも大切なものです。心と身体、両方の健康を維持するためには運動習慣が重要なキーワードとなります。

どうして運動習慣が必要なのか

メンタルヘルスを整えるために、なぜ運動習慣が大切なのでしょうか。それは、人間の身体の中で作られる化学物質であるホルモンが関係しています。ホルモンは、身体の内側と外側で環境の変化が起こっても、常に正常な状態に保つ役割をしています。ホルモンの中で、メンタルヘルスに関係しているのが、三大神経伝達物質(セロトニン・ドーパミン・ノルアドレナリン)です。これらのホルモンが、精神の安定や意欲、集中力などに関与しています。この三大神経伝達物質の分泌を活性化させるのが運動です。

どんな運動が効果的なのか

メンタルヘルスにとって重要な役割を担っている三大神経伝達物質。これらのホルモンの分泌が活性化するのは、リズミカルな運動です。例えば、ウォーキングやジョギング、水泳やサイクリングなどです。うつ病の治療で、運動療法として有酸素運動が行われているほど、効果は実証されています。運動頻度としては、週2~3回、30分程度の運動ができれば効果的です。

ストレスを感じているときこそ、運動しよう

育児や家事に追われる家庭や仕事、様々な環境の中でストレスを多く感じることもあるでしょう。そんなときこそ、身体を動かして汗をかき、すっきりとした気分を味わいましょう。運動習慣を身につけて、メンタルヘルスを整えてみませんか。

ABOUT ME
佐々木 綱
佐々木 綱
12年間、理学療法士として整形外科で勤務した後、現在はWebライターとして活動をしています。 健康・スポーツ・心理などの分野に興味を持っています。 今後は、興味のある分野だけでなく、様々な分野の記事執筆をしていきたいと考えています。 趣味はマスターズ陸上です。日々、ジムに通うなどしてトレーニングに励んでいます。 よろしくお願いいたします。