ライフスタイル

お腹の冷えすぎに注意!夏の内蔵ケア

お腹の冷えはなぜ起こる?

残暑の時期でもお腹だけ冷たい・・・そんなお腹の冷えはなぜ起こるのでしょうか?冷えた食物・飲料のとり過ぎ、薄着やエアコンの効き過ぎといった原因はイメージしやすいと思います。その他にも慢性的な血行不良や自律神経の乱れが隠れていることもあります。

お腹の冷えから来る症状

お腹の冷えはだるさや夏バテを引き起こします。ひどいときは夏かぜ、下痢や便秘などの胃腸症状、生理不順などの婦人科系症状を引き起こすこともあるでしょう。お腹の冷えを感じていない人も最近の体調で思い当たることがある人は知らないうちにお腹が冷えているのかもしれません。

心がけたい夏の内臓ケア

「冷えは万病の元」です。冬はもちろんですが近年は夏場でも冷え症に悩む方が少なくありません。むしろ夏場こそ冷えに対する内臓ケアを意識する必要があります。エアコンの室温調整が出来ない場合でも薄手の羽織り物や下着・腹巻を追加して調整する、体が温まる食物・飲料を心がけて摂取する、シャワーでなく湯船に浸かり冷えをリセットする習慣をつけるといいでしょう。

もっとできる内臓ケア

上記の夏場の冷え対策を心がけてもまだ冷えが改善されない場合は慢性的な血行不良や自律神経の乱れから内臓の冷えが誘発されている可能性があります。そのときは規則正しい生活習慣や食事内容の見直し、ストレス解消など多方面を改善していく必要があるといえます。散歩やストレッチ、ピラティスやヨガなどの適度な運動を定期的に行うことも血行促進やストレス解消に効果的で是非おすすめしたいです。運動を行うことでの食欲増進効果や安眠効果も忘れてはいけません。

残暑の疲れが出やすいこの時期だからこそ、お腹の冷えすぎに注意して内臓を大切にしてあげたいですね。

ABOUT ME
かぴ4
かぴ4
女の子一人を育てる専業主婦です。 休日は公園でレジャーシートと弁当広げています。日焼け予防として今年からマスク始めました。