フード

美味しいミネストローネで楽にダイエット生活を過ごそう!

ダイエット中に食べると良い食事を知りたい

ミネストローネはダイエットに良いのだろうか

  • ダイエット中でも体重を気にせずに食べられる料理を知りたい方
  • 意識的に野菜を摂取したい方
  • ミネストローネに含まれる栄養素について知りたい方

ミネストローネはトマトベースの具だくさんのイタリアンスープで、スープ一杯あたりのカロリー平均は100~150kcalと低カロリーのため、ダイエット中の食事にはおすすめです。中に入れる野菜も自分の好きな食材を入れることができるため、自分で栄養価の高いミネストローネを作ることができます。

ミネストローネの魅力とは

 

 

野菜たっぷりだからこそ身体に良いミネストローネ。魅力を見ていきましょう。

トマト

 

トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用があり、生活習慣病の予防、動脈硬化、トマトの含まれるビタミンにより美肌や脂肪燃焼にも効きます。特にリコピンは加熱調理、油と摂ることで体内での吸収力が上がるため、ミネストローネはリコピンの栄養素を最大限にいかしています。

オリーブオイル

オリーブオイルのメインの成分はオレイン酸で、オレイン酸は血中の悪玉コレステロールを下げ、また、トマト同様に抗酸化作用もあります。

ダイエット効果としては、オレイン酸には脂肪燃焼する効能もあることから、オリーブオイルを摂ることで代謝を上げる手助けをしてくれるうれしい栄養素が含まれています。

野菜

野菜には食物繊維が豊富に含まれていて、よく噛む食材、また胃の中で膨らむ食材は満腹感がでるため、腹持ちが良くなります。

野菜が多いミネストローネをとることは多くの栄養素を一気に摂れるだけではなく、満腹感までも与えてくれるため、ダイエット中にはもってこいの食事です。

注意点!高カロリー高糖質にさせない!

 

ここで注意点ですが、ヘルシーな食事だからといっても、野菜やベーコンなど肉類の入れすぎには注意が必要です。

もちろん食材は入れるほどカロリーが上がり、特に野菜は糖質も高いため、入れすぎはあまり良くありません。

ただ、ミネストローネに入れる食材を選ぶことにより糖質、カロリーのコントロールをすることはできます。

ミネストローネに入れるおすすめの食材

野菜だけではなくベーコン、ウインナーなど脂質のあるお肉、また、夕食でミネストローネ済ませたい方にはパスタを少量入れることもおすすめです。これらの食材を入れることで、野菜だけでは得られない満腹感が得られます。

ミネストローネに入れる代表的な野菜の栄養素を見ていきます。

玉ねぎはビタミンB6で血行を良くしてくれます。

じゃがいもは糖質が多くカロリーは高いですが、満腹感は得られるでしょう。ビタミンCが豊富です。

人参はβ-カロテンが体内でビタミンAに変化し、風邪予防、高血圧を予防してくれます。

キャベツはビタミンK、カルシウムが豊富で骨を丈夫にします。ビタミンUは胃腸を整えてくれます。

まとめ

野菜から得られる栄養は非常に様々で、特にミネストローネは簡単にそれらの栄養を得ることができます。

ミネストローネにはこれといった決まりはないので、野菜をお好みで入れたりスパイスを加えてみたりと、自分流で好きにアレンジができます。

ぜひ、ミネストローネを食べて、健康的な生活を送ってください。