フード

寒い冬もぽかぽか過ごそう!食で温活【食べ物編】

前回は身体を温める飲み物についてご紹介しました。
今回は、身体を内側から温める「食べ物」についてご紹介したいと思います。
日々の食事に取り入れて、身体をぽかぽか温めていきましょう♪

食材選びのポイント

では具体的に何を食べたら身体が温まるのでしょうか?
食事や料理の度に一つずつ調べていたら大変ですよね。
そこで、ざっくりとですが簡単な食材選びの5つのポイントをご紹介したいと思います。

①寒い地域でとれる

寒い北の地方でとれる食材や料理は身体を温めるものが多いです。
逆に、南の地方の暖かい地域では身体を冷やすものが多くあります。

②旬の時季が冬

これも寒い地域、暑い地域の考え方と同じで、夏が旬の食材は身体を冷やすものが多くあ
ります。

③土の中で成長する(根菜、芋類など)

土の中で育つ食べ物は身体を温め、土の外で育つ食べ物は身体を冷やすという傾向があり
ます。

④色が赤、黄色、オレンジ、黒

色が暖色系のもの、色が濃いものは身体を温める作用があります。
一方で、色が寒色系のもの、色が薄いものには身体を冷やす作用があります。

⑤水分量が少ない

水分量が少ないものは身体を温め、水分量が多いものは身体を冷やします。やわらかい食
感のもの、硬い食感のものと分けて覚えても良いですね。
上記のポイントは野菜、果物、肉、魚など食べ物全般に当てはまります。
ざっくりとした見分け方ではありますが、覚えておくととっても便利ですよ♪
また、食べる際は生ではなく加熱して食べるとより効果があります。

★身体を温める食材★

野菜
ニラ、玉ねぎ、ごぼう、人参、かぼちゃ、しし唐辛子、にんにく、ネギ、高菜、チンゲン
サイ、大根、レンコン、しょうが など
魚介
エビ、かつお、たら、ぶり、あなご、うなぎ、いわし、あじ、サバ など

その他
ごま油、くるみ、栗、納豆、いんげん、鶏肉、羊肉、桃、りんご、日本酒、紅茶、ココア
、ハーブ茶、みりん、からし、こしょう、山椒、味噌、シナモン、唐辛子、黒砂糖 など

ABOUT ME
Pilates Live事務局
ピラティスライブの企画や運営をする事務局。 ピラティスに興味がある人や好きな人を応援するウエブマガジンを運営している。