フード

飲むだけでキレイになれるアイテム!トマトジュース

私達の身近な野菜であり、健康にも良いとされているトマト。今回は、生のトマトよりも手軽に摂取できるトマトジュースの効能について見ていきたいと思います。

オススメのトマトジュース

市販のトマトジュースには塩分が含まれているものと無塩とものがありますが、オススメは無塩のトマトジュースです。病院から塩分について指示を受けている方以外に関してはあまり気にする必要はないのですが、塩分の摂り過ぎは身体のむくみの原因にも繋がることがあるので、できれば無塩のトマトジュースを選びましょう。

しかし、無塩だと少し飲みづらいな・・・と感じる方は、無理せず塩分の含まれたトマトジュースを選んでも大丈夫です。飲みすぎには注意しましょうね。

トマトに含まれる栄養素

トマトには身体に良いとされる成分が豊富に含まれています。

具体的には、抗酸化作用のあるリコピン、必須ビタミンであるビタミンA・C・D、中性脂肪を減少させる効果のある13-oxo-ODA、浸透圧の調整・ナトリウムを排出する作用のあるカリウム、食物繊維のペクチンなどがあります。

【嬉しい4つの美容効果】

美肌効果

トマトジュースに含まれるビタミンCは、身体の中でコラーゲンを生成する際に必要な栄養素です。またリコピンは、非常に優れた抗酸化作用を持っているため、美白効果、更にはメラニン生成の抑制などの役割も担っていると言われています。

便秘解消

食物繊維のペクチンは、水に溶けるとゼリー状に固まる性質を持っています。そのため、便秘の時は便をやわらかくして排出を促し、逆に下痢の時はゼリー状の膜になって腸壁を保護します。

脂肪燃焼

トマトジュースに含まれる13-oxo-ODAは、血中および肝臓中の中性脂肪量の上昇を抑制する効果があると言われています。またそれと同時に、直腸温を上昇させ脂肪燃焼を促進させる効果もあることが分かっています。

しかもこの13-oxo-ODA、生のトマトよりも特にトマトジュースの方に多く含まれるとの研究結果が出ているのです!

むくみ改善

カリウムは浸透圧の調整などの作用があり、身体の中の余分な水分や塩分を体外に排出する作用があります。余分な水分・塩分が体内に蓄積されづらくなるため、むくみの解消に繋がります。

まとめ

美容効果が盛り沢山のトマトジュース。朝に飲むと吸収率が高いという研究結果が出ているそうです。爽やかな朝に、目覚めの一杯として飲んでみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
大槻 チハル
大槻 チハル
お酒とおいしい食べ物が好きです。最近ウクレレを買いました。